So-net無料ブログ作成

我ら雑草組!しぶとく行きます。生きます。逝きません。 [アダルトチルドレン]


本日も沖縄です。旅は大好きです。どこにいてもなんとなく適応できていない根無し草のような私ですが、旅だと正真正銘アウェイなのでむしろ気楽です。

しかし今回の旅では、思いがけず素敵な戦友が出来ました。おとといのイベントの登壇者のお一人の、シリコンバレーで弁護士をされている吉田大さんなのですが、一般的にみたら超キラキラな経歴の方なのにも関わらず、紆余曲折人生を歩まれご自分を「雑草組」と例えられ、20年も遠回りしてしまった私を有り難くも仲間認定していただきました。(ベンゴシさんなんて恐れ多くてと思って恐縮していたのですが、めちゃくちゃ面白い方でした!!)

人生はかなり難易度の高いリアルRPGだと思うのですが、こうして時々強力なパーティに出会えるのは、戦闘力も防御力もアップする最高の出来事です。ええ、雑草のように踏まれても除草剤かけられても、しぶとく生きますとも!


しかし、先日のイベントは「ここまで明かして大丈夫!?」と躊躇するくらいの、過去の傷カミングアウト大会でした。最初にマイクを握った登壇者のユーグレナ取締役の永田さんが、


「今日は子供たちも会場にいて、嘘は全部見抜かれてしまうので、登壇者のみなさんは隠し事なしでいきましょう」


と始められてからは、一日を通して、壇上にあがった皆さんがカミングアウトし続けました。

その傷も皆さん相当なもので、親のアルコール依存症や不在、交通事故、ひきこもりやいじめ、異文化への無理解など凄まじいレベル。イベントタイトルは「LEAP DAY」だったのですが、「DEEP DAY」だという冗談まで出ていました。でもそういう方々から出てくる「何故今この仕事をしているのか」「人生で何を実現したいのか」という言葉は、やはり桁違いの臨場感と説得力がありました。


20171218_065643294_iOS (1).jpg
こんな方々が登壇されていました。キリストダンナも混ぜていただいております。

また、主催者も、沖縄をよくしたいという思いで9年間もこの活動をされてきた方で、これまでの入場料・出演料無料で関わる方々の善意で運営してきたボランタリーな組織から、誰も骨身を削らず永続的に開催できるよう法人化をしてのチャレンジでした。

半年間の研究成果を発表した小学生たちから社会人の登壇者や主催者の方々まで、皆がそれぞれの立場で戦う姿を露わにされていて、会場が不思議な一体感で包まれていました。理想を実現すべく戦う姿ほど尊いものはありません。すすり泣きが会場の至るところから漏れていましたし、私も一日泣きっぱなしでした。心のサビを落としてくれる、本当に素晴らしいイベントでした。



アダルトチルドレンの体験を綴り始めて少し経った現在も、「自分も機能不全家庭で育った」とメッセをいただいたり、直接お声がけいただいたりしています。その数は本当にびっくりするほど多く、いわゆる「まともな機能完全家庭」に育った方の方が圧倒的に少ないのではないのかと思い始めているほどです。

しかし今回の皆さんのお話をお聞きして、辛い過去をむしろ生かし、燃料のような原動力に変えて走り続けていらっしゃっている印象を受けました。誰もこんな傷を望んでいなかったでしょうし、もし生まれ変われるのなら幸せな家庭で愛情をたっぷり受けて育ちたいと願われると思うのですが、そこで自分の置かれた環境を嘆くのではなく、それが何にどう生かせるのかと冷静に取り組む。言葉でいえば簡単ながら実際に行うのは大変難しいことですが、これが暗い穴から脱出するための大事なハシゴなのだと痛感しました。


最後に、最近ずっと「まともで健全な家庭」とはどんなものなのかを考えているのですが、登壇者の方のお話に一つヒントがありました。親に常に「何をしたいの?」と聞かれて育った子供たちは、人間的にも能力的にもぐんぐん伸びるとのこと。

子供の本来の姿を見つけて伸ばしてあげる、それはとどのつまり子供を信頼し対等に扱うということなのかもしれません。

IMG_2792 2.jpg
リアルまもる君と敬礼!とてもラブリーな方でした。お勤めご苦労様です!

 



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー