So-net無料ブログ作成
出会い ブログトップ

幼馴染のピアニストの友人、中村麗さんについて [出会い]

先週末、私のアトリエにブラジルでの小学校時代からの友人、ピアニストの中村麗さんが遊びにきてくれました。

彼女は現在ドイツ在住で、名門レーベルにも属し、現代音楽の分野で大活躍しています。アトリエの中や近所を散歩しながら、ドイツの現代音楽の現状や人生について、影響を受けた本、建築やアートについてなど取り留めのない会話をしていたら時間はあっという間でした。

昔は世界一敷地が広いと言われるブラジルの日本人学校で赤土まみれになりながら一緒に走り回っていた仲ですが、こんな風に世界を股に活躍している彼女の姿は、友人としてもとても誇らしく、そしていつも刺激とエネルギーをもらえる大切な存在です。

20171207_195714284_iOS (1).jpg
近所を散歩中に見つけた大好きな建築家さん設計の家の前で

先月、そんな彼女が一時帰国してプライベートコンサートを開催したので、キリストダンナと行って参りました。私は現代音楽に明るくないのですが、ピアノの彼女とパーカッショニストのダンナさんがビブラフォンとで演奏した、現代音楽の演奏に大変な衝撃を受けました。

凄まじいスピードで単音がパズルのように複雑に組み合わされ、一音間違えたら全てが崩れるような曲で、聴いているこちらも一瞬たりとも気を抜けず冷や冷やしっ放しで、それはもうまさに格闘技を鑑賞している気分でした。ピアノもビブラフォンも、そんな使い方があるのか、というような楽器の限界を超えてゆくような演奏方法でした。

21687526_10157127159878868_1001713500494230056_n.jpg
[コピーライト]Grzegorz Mart at Warsaw Autumn
別のコンサート時の写真ですが、ステージ上の彼女は本当に格好いい!


このコンサートでは、美しいクラシカルな音楽も演奏され、純粋な現代音楽はこの曲だけだったのですが、この曲は理解できない、違和感がある、と思う人もいました。私もこれまで聞いたことがないタイプのこの曲を聞いて、正直脳内が疑問符だらけになりましたし、よい気分でうっとりとは全くなりませんでした。

でも、こういった違和感や難解さで心にゴリゴリとヤスリをかけてくれるようなものこそが、自分の狭い価値観を壊して新しい世界へ導いてくれることが多いものです。

歯ごたえのやさしいものは、現状の自分の範囲内で消化できるのですぐに忘れてしまいますが、こういったものはその時には全く理解できなくとも、1ヶ月後、半年後、果ては十年後に、「あれはこういうことだったのか!」と腑に落ちて、そのときの喜びと興奮といったら

13226841_10155140712508868_2658704248786759082_n.jpg
[コピーライト] Gregory Bonnefond at Festival Mixtur Barcelona
こちらも別のときのものですが、ドラマチック!


彼女と知り合って、気がつけば30年近く。彼女がずっと海外に住んでいることもあって連絡をとらなかった期間も長くあり、また以前は会っても小学校時代の延長の他愛のないお馬鹿な話ばかりだったのですが、一昨年彼女が一時帰国した際に、私が岐路に悩んでいたこともあり、初めて人生についてゆっくり語り合いました。

実はそれまで彼女がこうしてピアノを極めて海外で活動していたことをきちんと知らなかったのですが、彼女の音楽にかける情熱や生き方についての考え方を聞き、私の頭の中の霧を晴らすことができました。幼少期の無邪気な時代から長い時間を経て、お互いがそれぞれの道を歩み、時々はこうして真面目に語り合う。大人になるのもいいものだなあと、とても感慨深く思います。

ところで、ステージ上では、一分の隙もない厳しく激しく美しい麗ちゃんですが、一歩ステージを降りて私の方へ向かってきてくれると小学校時代に一瞬で逆戻り。

「キームーチー!(私の昔のアダ名です)来てくれてあーりーがーとーおー!!」とだいぶユルい感じで、一緒にコンサートに行ったキリストダンナが「あれはステージにいたのと本当に同じ人!?」と激しく動揺しておりました。

こんな姿を見られるのも、本当に嬉しいものです!

20171207_211517596_iOS.jpg
コンサート後の一枚。麗、ほ、細い!

20171207_211343048_iOS.jpg
中村麗ちゃんサイトhttp://www.reinakamura.de/

nice!(0)  コメント(0) 

想いを伝えるための技術と極意 [出会い]

昨日は、「『伝える』マネジメント−思いを伝播するリーダーの技術と極意」という、一見、造形作家の私に関係あるの?というテーマのセミナーに参加させていだいて参りました。

IMG_2531.JPG

キリストダンナが登壇者の一人だったので気楽についていったのですが、皆さんの覚悟を決めた凄まじい生き様から出てくる言葉に含蓄がありすぎて、しかも一日中ほとんど休みなく特濃のプレゼンを浴びたので、いまだ頭と心がパンク気味です。

でも異なるバックグラウンドをお持ちの皆さんが面白いほど共通して熱く仰っていたのは、「VISIONをいかに伝えるかが大事」ということ。

プレゼンを生業にしている人間がダンナながら一向にプレゼン力が上がらない私ですが、作品をプレゼンテーションする際など、このことを念頭に置いて、想いを確実に伝えていけるように鍛えていこうと思います。でも作品づくりも、何を表現したいか、どう表現するかですので、本当に同じことなんですね。。

以下、本日私が心に刺さったみなさまのお話の一部です。(抜粋しすぎて意味不明ですが、詳しくはぜひみなさまの著書をぜひご覧くださいませ)
※素晴らしい方々の詳細情報等はこちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伝え方が8割」著者 佐々木 圭一さん
・ノーをイエスに変える、7つの切り口(相手の好きなこと、嫌いなこと回避、選択の自由、認められたい欲求、あなた限定、チームワーク化、感謝)

カルビー株式会社代表取締役会長 兼 CEO 松本 晃さん
・何を伝えたいかが一番大事。VISIONPLANLEADERSHIP
1990年に全てが変わりゲームが変わった。Change or Die! 夢なき者に成功なし!

脳科学者 茂木 健一郎さん
・人間は、居心地の悪い真実よりも居心地の良い嘘を好む。
・本質を見抜け!他人に本質を伝えられる人は、自分にも伝えられる

落語家 立川 志の春さん
・落語は「アート」と「サービス」の間
・肩書きの馬鹿馬鹿しさをテーマにした落語も一席ご披露いただきました

マイクロソフト テクノロジーセンター長 澤円(キリストダンナ)
・プレゼンは聞いてる人のハッピーな未来を作る
・ビジョンは北極星のようなもの
(実は、こんなにすごい方々と一緒に登壇させていただくなんて、どうか上手く行きますように。。という緊張のあまり、ほとんど彼のプレゼン内容が頭に入りませんでした…!)

元 株式会社ユー・エス・ジェイ CMO 森岡 毅さん
・理想の組織モデルは「人体」。シームレス、共依存。
・羊の呪い(年齢差、役割差、性差)。性差は悪意がなくとも刷り込まれてしまうから完全に撲滅!


〜こちらも合わせてぜひ…!キリストの本〜

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

  • 作者: 澤 円
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

外資系エリートのシンプルな伝え方

外資系エリートのシンプルな伝え方

  • 作者: 澤 円
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2014/12/11
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(0) 

シンガポールの塾を見学し、女神にキャリアのお話しを聞き、人生初ハッカソンに参加しました [出会い]

月曜朝にシンガポールから帰国しましたが、帰国直前・直後と素敵イベントが続いたので、今回は自分の記録も兼ねてのご報告です。

帰国日前日に、シンガポールでお世話になりまくっていた村田優子さんのつてで、英語を母国語としない子供達向けの塾「RISE」を見学させていただきました。

20171125_040019574_iOS.jpg
村田さん、みなさま、本当にありがとうございました!

大型のタッチパネルを使って、楽しく体験しながら学習する、というスタイルなのですが、子供達が生き生き遊ぶように英語を学んでいるのをみて、心底羨ましいと思いました。脳みそが柔らかい年齢とはいえ、半年前には一言も話せなかった子供が、今ではシンガポール人の先生と流暢に英語でやりとりしているのですから。。

20171125_034615429_iOS.jpg20171125_035047309_iOS.jpg

教科書を先生の話に合わせて読むということが出来ず授業中寝てばかりだった私は、VRで教材を作れたら、日本の科学人口が増えて、国力もアップするはず!と大真面目に考えています…。

-----------

帰国した夜には、明治大学にて、特任教授で服飾史家の中野香織さんにお声掛けいただいたキリストダンナの講演があったのですが、急遽講義後のお茶にお邪魔させていただきました。

中野さんは、キリストダンナの出版記念パーティで遠くからお見かけした際、タダモノではない女神オーラを放たれていて勝手にファンになっていたので、今回お誘いいただき「這ってでも参ります!」と即席体育会系キャラになってしまいました。

中野さんのキャリアの築かれ方はとても軽やかで、「来た仕事は断らない」「10年続ければ専門家になっている」「周りがブランドを決める」などというお話に、「こうならなければいけない」と頭が硬くなっていた自分をいたく反省しました。

-----------

そして昨日は、人生初のハッカソンに参加してきました。エンジニアでもない私がハッカソンに参加できる日が来るなんて…感激!最近お世話になっているサイキックVRラボさんのプロデュースする、VRプラットフォーム『STYLY』を使って、「ヤバイ空間を作る」というのが今回のミッション。

20171129_113029683_iOS.jpg

私は案の定あまり役に立ちませんでしたが、チームメイトの山口社長の新しい技術とサービス導入に対する情熱的な貪欲さ、皆さんが作り上げた空間の発想の斬新さに、良い意味でショックを受けて帰りました。ともすればぬるま湯にぬくぬくしがちなので、時々こうして警策でガツンをやっていただけるのは本当に有難いことです。

24271508_10154838696492041_1619010491_o.png
社長の山口さんの執念で、ギラギラした空間が完成しました!

-----------

明日は久々に、アダルトチルドレン関連のことを書こうと思っています。


 



nice!(1)  コメント(0) 
出会い ブログトップ

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー