So-net無料ブログ作成

あまりわかっていない私がご紹介する、VR「デバイス編」 Vol.1 [VR]

最近VRが云々、とよく呟いている私ですが、
かくいう私もPsychic VR Labさんとのご縁があって半年前に始めたばかりの初心者です。

VRとは、ヴァーチャルリアリティの頭文字で、去年がVR元年と言われていますが、VRのゲームセンターが出てきたり、最近身の回りに急速に増えてきたという印象があります。

そして、そのファミリーにはVR、MR、ARなどがあり(その詳しい説明はこんな素敵なサイトがあるのでそちらをご覧いただいて)、覚えの悪い私は、

VRは完全没入トリップ
ARはポケモンGO
MRは全部ひっくるめたもの

などと考えています。キリストダンナから訂正が入ったので、MRを修正しました!)

こんな状態ですが、ありがたいことに以前CodeIQさんでご紹介いただきました。
スクリーンショット 2017-12-02 18.08.15.png
造形作家・澤奈緒さんがVRアートに挑戦──VRクリエイティブ・プラットフォーム「STYLY」を活用


今回は、現在私がどんな機器を使っているのか、ご紹介してみようと思います。


ゲームをされる方はPlayStation VRなどがおなじみだと思うのですが、私が現在メインに使っているVRデバイスはこちら、HTCのVIVE

IMG_2482.jpg

右手に持っているのがゴーグルで、これを頭に装着し、左のコントローラーで操作します。

DSC_3950.jpgこんな感じ…!

普段はPCの画面でVR空間を作り、それが出来たらこのゴーグルをかけて確認するのですが、それにはハイスペックなPCが必要です。私が使っているのは、HPのOMEN .(サイトもちょっとキテます!

IMG_2485.jpg

右のMacBook Airが可愛く見えるくらい、大きい。重い。そして妖しく赤くキーボードが光ります。オーメンといえば、こちらとかこちら(Prodigy大好き!)を思い出すのですが、この禍々しさ…!やっぱりこのイメージなのかしら。。

ゲーミングPCと呼ばれる、ゲームなどデータ容量の多いものを制作するための超ハイスペックなPCなのですが、私にはほとんど使いこなせていません。でもとても高いお買い物でしたので、鋭意勉強中です。


始める前は、「ヴァーチャルとかってちょっとね…」と斜に構えてみていた私ですが、実際にこのヴァーチャル空間を体験してみたら、あまりの臨場感にひっくり返りました。

Steamというコンテンツが集約されている場所があるのですが、そのホーム画面が、鳥のさえずりが聞こえるどこかの山頂にある美しい山荘なのですが、「ああここに住みたい…」とVR廃人にもなりかけました。


これから、VR関連のことを何回かに分けて不定期に書いていこうと思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー