So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ガネーシャが出来るまで 【KESHIN.2 – ガネーシャ】 [アート仮装]

以前、横浜の「象の鼻テラス」という場所で、TOKONEというとてもエッジーなアートタイツブランドをプロデュースしている友人の菅井葉月さん企画のアートイベントがあり、イラストレータの友人らと参加しました。

何に変身しようかと考えを巡らした末、「象といえばインドの神様、ガネーシャだ!」ということで、ガネーシャをお題にKESHINプロジェクトに挑戦しました。


今回は、その制作過程をご紹介します。


まず、完成予想図を書きます。

IMG_1749.jpg

ウレタンフォームのシートから、

uf01.jpg

象の頭を作ります。

IMG_1788.JPG

頭に乗せて、大きさや印象を確かめます。

IMG_1790 (1).jpg

色を塗ります。

IMG_1859.JPG

フラフープをもとに作った光輪と合わせてみます。
頭にかぶせる部分はダイソーで購入のザル、百五十円也。

IMG_1863.JPG

ガネーシャは手が4本あるので、手をウレタンフォームで作ります。
なかなか優雅な形になったなと思っていたら…

IMG_1778.JPG

塗料を塗ってちょっと膨れてしまいました。でも、鋳造感が出ました。

IMG_1781.JPG

合わせる服やアクセサリーも準備。
作った花や斧を持たせた手を、光輪に合わせます。

IMG_1918.JPG

背中に背負えるようにバランスを考えて組み立てます。少し人間っぽくて不気味。


IMG_1869のコピー.JPG

光輪と同化してしまうため、結局ゴールドフェイスにはしなかったもの、沖縄の知人のメークアップアーチストさんに、塗り方を御指南いただく。MACの金粉とメークアップベースを混ぜたものだったのですが、すごい金属臭でした。。

IMG_1998.JPG

はい、完成!
小道具の団子状の食べ物の上に乗っているネズミにも、金のチョッキを着せました。

ガネーシャ.JPG

敷地内や館内を、素敵な楽しい一行と練り歩き、

12076880_893768954036695_1577248939_n.jpg

ろくろを回したり、

IMG_2256.JPG

友と語らったり。

IMG_0179 (1).jpg

TOKONEのイメージキャラ、志茂田景樹さんもこの日いらっしゃいました。

IMG_2226 2.jpg

これを今度いつもVRでお世話になっている会社さんに3Dスキャンしていただいて、3Dデータにしようと考えています。



nice!(1) 
共通テーマ:アート

nice! 1


ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー