So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長髪男子が入国禁止だった国、シンガポールにまた来ています [ 旅行]

昨年の11月以来、二度目のシンガポールに来ています。

20180315_131243950_iOS.jpg
お約束、マリーナベイサンズのライトショーを運河越しに臨む。ピカー!


シンガポールといえば、去年の11月に、キリストダンナのチケット手配ミスにより来られず、
急遽三日前に私の一人旅決定ということがありました。


今回も、一足先に旅立った彼のパスポート残存期間が少なく、
すわ入国拒否かというハプニングもあったのですが無事に入国。


これで入国拒否→日本強制送還だったら
「どれだけシンガポールに縁がないんだ」と
ネタになるところだったのですが、
呑気に観光の私と違って、仕事で来星している彼は拒否されたら一大事。入国できてよかった、よかった。


ただ、カーシェアリングのGRABのドライバーさんによると
長髪男性は20年ほど前までには入国拒否されていたようで、
「長髪だとギャングとかマフィアだと思われちゃうんだよー!」と笑っていました。
どうりで道行く人人、彼のことを不審な目でみていたわけです。

長髪で入国禁止だったなんて、
さすが「明るい北朝鮮」とも揶揄される超管理社会のシンガポール。でもおかげで、街は綺麗で超安全。観光客にはありがたいことです。

20180315_124953617_iOS.jpg
若者に大人気。クラークキー。

20180315_112500127_iOS.jpg
こちらに住んでいる大好きなご夫婦に、シンガポール料理に連れてきていただきました。
カップの中に入ってるのはちょっとスパイシーな切り干し大根。超美味!

20180315_084953702_iOS.jpg
前回一人でのこのこやってきたマイクロソフトオフィスに、今回は二人でリベンジ。


ところで、最近は、長年の心の濃霧が晴れたような、穏やかな無風の凪状態で過ごしております。
10年前、いや2年ほど前まで泥沼に嵌っていた私に、
こんなピースフルデイズが訪れることを教えてあげたいものです。

アダルトチルドレン関連のことなど、ひとまず「これを伝えたい!」ということは一通り出し切ったような感じもしているので、これからは少しのんびりとブログを更新していこうと思っております。


ただ、ブログを昨年再開して発信するようになってからは、
思いも寄らないところに繋がったり、嬉しいお声を掛けていただいたり、発信することの大事さをつくづく実感しました。

こうしていただく反応自体が、着実に自信の土台の一つとなっています。「こんなこと書いたって誰も見てくれない…」といじけたり、思いを表すのを恥ずかしがっている場合ではありませんでした。。


発信大事…!



これからも時々覗きにいらしていただけましたら、嬉しいです。


最後は、マイクロソフトのシンガポールオフィスの壁に発見したガンジーの言葉。シリコンバレー合宿で、堀江愛利さんがこの言葉で私たちをよく鼓舞してくれました。


20180315_081557441_iOS.jpg

Be the Change !


nice!(1) 
共通テーマ:アート

ウーマンズ ラブ&ピース [ 旅行]

気がつけば、先日のシリコンバレー旅行から1ヶ月近く経とうとしています。

あまりに濃かったプログラム合宿の日々、サンフランシスコの開放的な空気、帰国後の緊張MAXのプレゼン、新年が始まってから目紛しかった毎日に一旦区切りがついて、ゆっくりと振り返りながら頭と心の整理をしています。

ここ何回かは、忘れてしまうのは勿体無い、素敵な思い出を残しておこうと思います。


今回は、以前に書いた、庭で養蜂を営んでいるサンノゼのエアビーアンドビーのオーナーさんの話です。


2泊お世話になったその素晴らしいエアビーをチェックアウトし、プログラム会場に向かうため早朝に迎えのタクシーを待っていた時のこと。

前日に乗ったウーバーのイタリア人ドライバーが、「明朝に迎えに行くよー!」と言ってくれたので、家の前に荷物を積み上げて待っていました。

車で30分ほど離れたプログラム会場に9時までには到着してないといけなかったので、8時15分に迎えを依頼。

20180213_172704000_iOS.jpg
プログラムはパロアルトの辺りの邸宅で開催されました

「絶対に遅れられないから、必ず時間通り来てね」

と前日に何度も念を押していたので、念のため10分前から待機していました。しかし待ち合わせを3分過ぎても現れないので電話をすると、

「あと1分で着くよー!」

と。でも、やっぱり来ない。また電話をすると

「すぐ近くにいるよ」

しかし待てども待てども車が来ない。こんなやりとりを4回ほど繰り返し、このドライバーは来る気がないんだと気がついたときには、8時半をかなり過ぎていました。

ただでさえ今から向かっても遅刻なのに、車が一台も通らないような住宅街のど真ん中にウーバーを呼んだら、ここに来るだけで10分はかかるはず。

こんなに気合を入れて二日前には現地に到着して、心を慣らしてから万全の状態でプログラムに参加しようと思っていたのに、肝心のところで、しかも始まる前からしくじってしまった…

すぐにキャンセルをしなかった自分の優柔不断さを呪い、半泣きになりながらパニックになっていたとき、家の中からオーナーの彼女が出てきました。黙って車に向かいエンジンをふかし始めたので、

「おはよう!素晴らしいお部屋を貸してくれて本当にありがとう。行ってらっしゃい」

と平静を装って挨拶をすると、彼女は振り向いて、


今日はとても大事な日なんでしょ?早く乗りなさい!


と。びっくりして呆然としている私に、


「ずっと中から見てたのよ。まだ待ってる、まだ待ってる、って。でも、これ以上はもう間に合わないって、見てられなかったのよ。送るから!」


コーヒーが並々と入った大きなマグカップを片手にハンドルを操作しながら、時々私の携帯のグーグルマップを覗き、彼女は高速道路を相当なスピードで飛ばしてくれました。

情けないかな、安堵と感動で涙と鼻水でずるずるになっていた私に、彼女は


「今日は何の日か知ってる?サンノゼに戻ったら、私は昼からウーマンズマーチに参加するの。」


と。私はその「ウーマンズマーチ」なるものを知らなかったので聞いてみると、「トランプ大統領に女性の権利を訴えるために、全米各地で開かれる大規模なデモ」とのこと。


「てっきり女性のためのスタートアッププログラムってあなたが言っていたし、今日から始まるっていうから、この日と関係あるのかと思った。でも、これも何かの縁ね」


IMG_3074.JPG

IMG_3076.JPG
うちの車が早過ぎてシャッターが間に合わなかった…!


高速の途中では、サンフランシスコで開かれるらしいイベントに向かう、お洒落なじいちゃんばあちゃんカップルが乗った何十台ものクラシックカーの列に出会い、

「こんなの見るの初めて!」

と二人で興奮したりしながら、車を飛ばしまくってくれたおかげで、プログラム会場の邸宅には無事3分遅れくらいで到着しました。

別れ際には、寂しくて、固いハグを交わしました。


彼女はたぶん私より少し年上の、金髪のすらりとした気さくで美しい女性。本当に素敵な、そして格好のよい人でした。

サンノゼに戻って来る機会があったら、また絶対に彼女のエアビーに泊まろう。もちろんエアビーの評価は、私が書ける英語のレベルで最高の賛辞を送っておきました。

その前々日も、ご飯を買い忘れた私にたっぷりご飯を買って来てくれたり、これ以上ないくらいによくしてもらいました。

こんな風に人に良くしていただいた時に、いつもどうお礼をしてよいのか途方に暮れます。でもこんな素敵な人がいて、世の中には愛が溢れているということが伝えられたら、遠回りで彼女への恩返しになるかな。



しかし、人生でここまで「女性」について向き合ったのは、初めてのことでした。


ウーマンズマーチに参加する女性エアビーオーナーに助けてもらってたどり着いたwomen's Startup Labで、女性10人と合宿してグローバルリーダーシップを学び、帰国してすぐに女性向けXRイベントで登壇

正直なところ、私にはこれまで、女性は感情が読めないこわいものという意識があり、男性といる方が気楽と思って、女性だけの環境を避けてきました。


でもこんなに短期間で素晴らしい女性たちと合い、素敵な女性パワーに触れ、そろそろそういう思い込みを手放す時期が来たんだよ、と教えてもらった気がします。


ピース。そして、ラブ。


nice!(1) 
共通テーマ:アート

嵐の前の静けさ [ 旅行]

昨日サンフランシスコ空港に着き、ただいまサンノゼに滞在中です。

シリコンバレーを高層ビルが立ち並ぶ人工的なハイテクシティと想像していたら、緑豊かなだだっ広い場所でびっくり。サンノゼだからでしょうか?

しかも、この二日間私が宿泊しているのは、閑静な住宅街ど真ん中の、広い庭付きの一軒家エアビー。隣の母屋に住んでいるオーナー女性は、この庭の片隅で養蜂業をやっているという長閑さです。最先端技術の匂いがしません…!

20180119_174508826_iOS.jpg
宿泊者には、オーナーお手製の蜂蜜(右端)がプレゼントされます。


これまで何回かエアビーに泊まってきましたが、今回のエアビーはその中でも予想を遥かに上回る素晴らしいアタリ物件でした。

ただし、想定外だったのが、近くにカフェやスーパーがなかったこと。

昨日は、日中にサンフランシスコでランチをしてその食べ
残りをテイクアウトしていたものの、サンノゼへの道が渋滞していたため、ウーバーでの到着が日が落ちてからになりました。

歩いて20分ほどの場所に小さい雑貨店のようなものがあるとわかったものの、真っ暗な中を歩くのはさすがに怖い。ウーバーで行くにしても、まだ営業しているかわからない。晩御飯がない!明日の朝食もない!飲み物もない!とパニックに。

しかし、しばらくして出先から帰宅したオーナーさんがご挨拶にきてくれたので、地獄に仏!とばかりに相談したら、「ちょうど買いたいものがあるからスーパーに車で行ってきてあげる」と。。もしかしたら、こんなうっかり者が、ここの宿泊者には多いのかもしれません。

そうして二十分ほどして帰ってきた彼女の手にしたバッグには、私がお願いした牛乳、ヨーグルト、フルーツ、チョコ、ポテチが溢れんばかり!ポテチに至っては、大袋が3つも。しかも代金を尋ねたら、「大した金額じゃないからいいのよ~」と笑って去って行ってしまいました。なんて太っ腹なお人。。まさに仏です。

こんな素敵なハプニングを体験できるのが、エアビーの最高に楽しいところ。(しかも格安!)病みつきになります。

20180119_112959578_iOS.jpg
ポテチの大袋が三つ…!笑 さすがに食べきれないから日本に持って帰ろう

20180119_210336724_iOS.jpg
フレンドリーな犬たちも撫で放哉です。可愛い。。

20180119_175037917_iOS.jpg
ベッドに足を突っ込んだらほんのり暖かく、よく見たら電気毛布が敷いてありました。なんてホスピタリティ…

20180119_175349842_iOS.jpg
ロフトがベッドルームの素晴らしい一軒家エアビーでした…!



そんな前日の食料危機の反省を踏まえて、本日は食材の買い出しを兼ねて、サンノゼのショッピングエリア「サンタナ・ロウ」へ。しかし、ここは予想をはるかに上回るこじんまり感でビックリ。しかも平日昼間だからか、道に人が全然いません。

でも、そこはITの町サンノゼ。
テスラのショールームと、アマゾンブックストアの看板が燦然と輝いておりました。

20180119_212800484_iOS.jpg
テスラ!ガルウィング!!

20180119_212924354_iOS.jpg
計器類がデジタル表示だと、ゲーム感覚で運転できそうです。


20180119_213148805_iOS.jpg
アマゾンのリアル店舗!

20180119_213622061_iOS.jpg
アマゾンのアレクサに対応したIOT家電コーナーがあるところが、やはり普通の本屋ではありません…!

20180119_213248590_iOS.jpg
アマゾンのトップ評価本のコーナーも。世界のどこでも猫は大人気(右端)!

20180119_235928250_iOS.jpg
前から興味があった本物のお化け屋敷「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」を発見!時間がなくて中の見学は断念しましたが、恐ろしい写真が撮れました…


買い出しも終わり、無事にウーバーでエアビーに戻った後は、半分しか読めていなかった明日からのプログラムの課題図書を必死で読了しました。



しかし、宿泊先はエアビーとブッキングドットコムで探し、移動はウーバー(無事に使いこなせるようになりました。ほっ)、街歩きはグーグルマップを見ながら、英語に困ったらトランスレーターアプリ、課題図書はキンドルアプリで勉強、航空券はエクスペディアで購入(今回は使っていないけれど)など、もうITの力がないと何も出来ません。


これが無かった10年前はどうやって旅していたんだっけ。。この全てが小さいスマホ一個で事足りるなんて、便利な世の中になったもんです。しかし逆に言えばスマホが壊れたら何も出来ない!


ITが一瞬にして古い技術を駆逐して、世の中の風景や価値観をガラリと変えてしまうわけですが、この数々の技術を生み出してきたシリコンバレーに今自分がいる、ということにしみじみと感動してしまいます。しかもこの緑深い土地で、そんな最先端のものが次々生まれてきたことが、なんだかとても不思議。



しかし、こうして穏やかに静かに過ごしてきた日々も、今日で終わりです。明日からいよいよ怒涛のプログラムが始まります。かなり緊張していますが、吸収できるものは全て吸収してこようと思う次第です。行ってきます!


nice!(1) 
共通テーマ:アート

STAY GOLD!! イランの方に日本語を教わりました [ 旅行]

もうすでに三日目が終わり、シンガポール滞在も半分をすぎましたが、もう毎日が目まぐるしいほどにてんこ盛り状態で過ぎてゆきます。

旅の醍醐味は、観光地巡りよりも人に会うこと!と思っている私ですが、今回もご多分に漏れず、大好きな方々との再会、出会いの連続に脳がオーバーヒート気味。

こちらでは先月のマレーシアでのアートフェアにシンガポールから来て下った大好きな知人ご夫妻に、全面的に負んぶに抱っこでお世話になりまくっております。

ギャラリーの方にご紹介いただいたり、通なローカル飯や、ナイトサファリにお連れいただき、みんなで大騒ぎしすぎてサファリ内で迷子にも…!

20171124_173231472_iOS.jpg
見えにくいですが、赤ちゃんを円形で守るバッファロー。


どこの国に行っても、うっかり人間のためハプニング三昧の私ですが、今回の旅は、急遽ひとり旅という最初のビックリが予言していたように、楽しいイレギュラーがいつもより多め。次はどんなのがくるんじゃー!と波乗りの気分です。

20171124_173440597_iOS.jpg    
アラブ通り50に行けば、彼に会えますよ!

こちらは、大好き知人ご夫妻に紹介いただいた、アラブ通りのやり手経営者のムハマドさん。もう時間無いから行くよと言っているのに、「ゴフン!ゴフン!オチャ!」と美味しいお茶を「遠慮せずにいっぱいお飲み!」と振舞ってくださいました。結局5分どころか激しいスコールで動けなくなり1時間近くの滞在で他の予定は吹っ飛びましたが、こんな楽しい計画変更は大歓迎です。

20171124_173656639_iOS.jpg
砂糖を入れるとまた美味しい

しかも「前に日本のお客さんが教えてくれたんだけど、アシタ、アサッテ、シアサッテ、の次はなんていうんだっけ?」というので、「そんな日本語ないよー!騙されちゃって笑」と苦笑しながらググってみたら「弥明後日、五明後日」。イラン人に日本語を教わるという情けないオチまでつきました。


20171124_174056433_iOS.jpg

また、「シンガポールのリーゼントマネジャー」で有名な岡田兵吾さんにお時間をいただいて、マイクロソフト社員のダンナが不在ながら、嫁単品でオフィス訪問するという暴挙も働いて来ました。

冷静に考えたら「どうもヨメです!」「それがどうした!」となりそうなものですが、夫婦単位でおつきあいする外資系文化のおかげで、知り合ったおエライ方々に「一緒に撮った写真送って。早く早く!」と急かされLINEWhatsAppの連絡先交換まで。素晴らしいノリです! STAY GOLD!!

残りはあと1.7日!全く計画通りに行っていませんが、最後の1秒まで笑い尽くしてこようと思います。


 


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

シンガポールでオヤジギャグ [ 旅行]

シンガポールに来ています。ダンナの仕事旅行に金魚の糞のようにくっついてのんびり観光しようと思っていたら、諸事情によりまさかのダンナの直前離脱でひとり旅に。

慌てて飛行機の中で「地球の歩き方」を頭に叩き込み、なんとか宿にもたどり着き、無事に1日目を終わらせることが出来、安堵のあまり脱力しています。

滞在はAirbnbなのですが、家主さんが鍵をくれ説明をしてくれた後もずっとデスクで仕事をしているので「一体いつこの人は出ていくんだろう」と思っていたら、なんと今回はアパート貸切タイプではなく、個室貸しパターンでした。

20171122_131255879_iOS.jpg
すごいすごいすごい!

夕飯の買い出しと、マリーナベイサンズのクレイジーなレーザーショーを見て帰ってくると、可愛いインド系の奥様までリビングのソファに増えていました。さらに、もう一つある個室には香港人の礼儀正しい銀行員まで長期滞在しているとか。人生初のシェアハウス的体験です。

今は部屋に戻ってこれを書いているのですが、どうやらご夫婦はリビングのテレビでホラー映画を見ているらしく、さっきから断続的に断末魔が聞こえて来ます。寝る頃には静かになっているといいな…。

ちなみに、イギリス出身の家主のポールさんとは、UK音楽が世界一好き!と伝えると、日本ではあまり知られていないけれどブラジルや欧米で大人気だった90年代のバンドについて、「ERASUREは好きかい?」「SURE! 」というオヤジギャグのような感じでひとしきり盛り上がりました。まさかこんなところで音楽ネタが、コミュニケーションの役に立つとは。人生何が起こるかわかりません。

初日にして、先月行ったマレーシアとは隣国ながら全然違う、シンガポールの圧倒的なマネーパワーにおののきましたが、土曜日まで暑さに負けず毎日を満喫しようと思います。一旦アダルトチルドレン話は小休止です。


 IMG_2112 (1).jpg
スーパーカーもゾロゾロ


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー