So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
出会い ブログトップ

ラッパー神主さんに連れられキリストとモスクに行く [出会い]

先日、ラッパーでもある神主さんに、キリスト旦那と一緒にモスクの金曜礼拝の見学に連れていっていただきました(色々カオス)。

20180608_050957657_iOS.jpg
麻布の奥に佇むモスクの正式名は、「アラブ イスラーム学院」。サウジアラビア王国大使館附属のモスクです。

礼拝が始まる時間が近づくと、大使館が密集しているエリアにあるため、あらゆる国の大使館関係者が次々に黒塗りの車で乗り付け、モスク前の狭い道が青いナンバープレート車で大渋滞。


そして、そこに一際にぎやかに現れたのは、かのボビー・オロゴン氏とご母堂でした。


嫁と勘違いされる事案が発生…!

なぜか成り行きで、同じく初めてこのモスクに来たらしいオロゴン母と、二人で迷いながら女性用の礼拝室へ向かうことになった私。

陽気なイメージのボビー氏と違い、物静かで威厳のあるオロゴン母は時折微笑みを向けてくれるも、言葉が全く通じないのでほとんど無言で進みます。

モスク2階の細長い礼拝室には10人ほどの女性が静かに座っていたのですが、日本人は私だけ。「何しにきたのかしら」という怪訝な視線もちらほらと。

礼拝のルールが全くわからないため近くの女性に訊ねるも、アラブの言葉を話されている方ばかりで英語が全く通じず。



軽い気持ちで見学しに来たものの、とんでもないところに来てしまったと急に心細くなり、小さくなっておりました。

しかし、そのうち少し前方に座っていたオロゴン母がおもむろに振り返ると、バッグから綺麗な水色のヒジャブを取り出し私に手渡してくれました。


被り方がわからず、ずり落ちるそのヒジャブを必死に両手で押さえながら、見よう見まねで他の人の仕草を真似ていたら、次第に周りの女性たちも私を受け入れてくれるような空気になり、1時間弱の礼拝の終盤には優しいおばあさまにハグをしてもらえるまでになりました。


ほんのりと心があったまってきた頃、無事に礼拝が終了。

「モスクを出るまでヒジャブをそのまま被っていなさい」と手振りで伝えてくれたオロゴン母にしたがって横におとなしく立っていたところ、インドネシア人のスタッフの女性がどこからかやってきて、私たちを礼拝堂の外までエスコートしてくれました。


しかし、ボビー氏がオロゴン母を車で迎えにくると、なぜか私まで車に乗せようとするスタッフの女性。

私が「ノーノー!中にいるダンナを待たないと」と言うと、しばらく目を丸くして固まった後、大笑い。


あなた、ボビーさんの奥さんだと思ってた!


とのこと。なんてこった。

どうやら、オロゴン母もスタッフの彼女も私も、まともに意思疎通ができる共通言語がなかったので、それぞれの解釈で行動していたよう。

勘違いは日常茶飯事の私ですが、このオチは想像していませんでしたよ…!

まあ実は私は私で、オロゴン母をボビー氏の奥さんだと最後まで思い込んでいたので、どっちもどっちですが。

しかし、まさかこんな勘違い事案が勃発していたなんて、当のボビー氏は想像すらしていないことでしょう。

20180608_051120658_iOS.png
一番左が本物の私のダンナ、通称キリスト。中央が、ラッパー神主のシシドさん、背広版。一番右が、カトリックからイスラムに改宗されたぶっとんだ司祭のような方、ラマダン中でした。


イスラム文化へ俄然興味が

しかし、モスクのスタッフさんの皆さんは、良い意味でとてもお節介の方ばかりで、あれやこれやと教えてくれて、すっかりイスラム教に親近感を感じました。



聞けば、「イスラム教は、来た人は誰でも受け入れる寛容な宗教」とのこと。

ISなどの一部の過激なグループのせいでイスラム教全体が色眼鏡で見られがちですが、あのような排他的な考えは特殊で、本来は他宗教の人間をも寛容する、包容力にあふれた宗教だというのです。


実は最近、昨年マレーシアに行ってイスラム教に触れたり、シンガポールでイラン人の友人が出来たり、イスラム教に身近に触れることが増え、イスラム文化への関心がとても高まっていました。

マレーシアでは滞在したホテルの近くにモスクがあったため、日の出とともに大音量で流れる礼拝への呼びかけの歌に起こされて毎日寝不足になっていたのですが、それでも1日5回流れてくるその声に不思議と心が洗われていました。



世の中をよりフラットで見られるようになるためにも、自分の価値観の幅を広げたい、ひっくりかえしたいと常々思っているのですが、これからは今まで触れていなかったイスラムの世界にもう少し触れていってみようと考えています。


それにしても、新しい技術をどんどん取り入れて進化し続けるイスラム教。完全に暗記している人は世界でもとても少ないという分厚いコーランが、なんと「Quran Explorer」という携帯アプリになっていました。

コーラン界の大スターの生歌も再生でき、英語での対訳や、索引検索も完備。今や若い方には、これがスタンダードなようです。おそるべき合理性。学ぶところが多そうです。



ノマドなラッパー神主

ちなみに、今回私たちをモスクへアテンドくださったのは、ラッパーでノマド神主のシシドヒロユキさん。

15歳でラップにめざめ→SFC→博報堂→國學院→神主という超変わり種。言葉に一家言を持つ彼が「大和言葉」にフォーカスした『シン・ヤマトコトバ学』も、ただいま発売中です。

現在は古式ゆかしいイメージの神社も、もともとは当時最先端だった唐の文化を柔軟にリミックスして取り入れて発展してきたイケてる存在だったそうで、その精神を取り戻すため、シシドさんは次々と新しい試みを仕掛けられています。クラブイベントでも祝詞をラップし、踊ります。

どこかでお見かけしたら、ぜひお話を聞いてみてくださいね。


シン・ヤマトコトバ学 (光文社新書)

シン・ヤマトコトバ学 (光文社新書)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: Kindle版




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

終活をさかなに [出会い]

先日、シュウカツについて語り合うという、とても素敵な飲み会にお誘いいただいて参加してきました。シュウカツはシュウカツでも、「就活」じゃなく、人生の幕引きを考える「終活」です。

克服はしたものの自殺願望と長年生きてきて、肉親の中で一番年下で最期は一人で終わりを迎えることになりそうな私は、もともと終活にとても興味がありました。


まだ死ねない

メンバーは、驚くほど多種多様な業種、職種の方々。生前葬を予定されている方、時々好きなコスプレで遺影を撮られている方(先日はマリーアントワネットになったそう)、味気ない骨壷は私らしくないとオリジナル骨壷をプロデュースされている方も。

でも全員に共通していたのは、それぞれ自分の人生の幕引きをどうするかということを真剣に考えられていたこと。

お互いの考えを交換しながら、同席された宇宙葬(下部に説明有)や海洋散骨(同)のプロのお話を聞きました。

20180519_225940732_iOS.jpg

日常生活の中では、このように死を話題にするのは「重い」と避けられがちですが、この飲み会ではそのような目を気にすることもなく心を割って話せたのも、とても嬉しいことでした。

また、以前から仲良しだった方が実は命の危機に瀕したことがあり、その時から「絶対にまだ死にたくない」「この世に生きた自分の記録をできるだけ残したい」という想いでお仕事をされていたことも初めて知りました。予想だにしていなかったので衝撃でした。

私自身も自殺願望と共に生きてきたサバイバーだったとはいえ、実際にそのようなリアルな臨死状態になったことはありません。

でも、きっと私もその状態になったら、同じように「絶対に死にたくない」と思うだろうと感じています。そしてそう「生に執着できる」ことは長年の憧れであり、最近はだんだんそうなれつつあるのですが、それを改めて気が付かせてくださったことに感謝の思いでした。


ADHDの仕事論

15人ほどの参加者のうち、私を含めた3人がADHDだったことも嬉しい驚きでした。しかも他にも何人かお仲間の匂いがする方も…

私が以前ADHDと診断されたときに「自分もだよ。大丈夫」と言ってくださったのは、私が尊敬する方ばかりでした。

しかし、メディアの記事はADHDの人がいかに不器用で世の中からはじかれているのかというものがほとんど。確かに人の不幸は蜜の味ですし、実際世の中の「普通」に合わせることができなくて苦労することが多いのは紛れもない事実です。

でも起業家にADHDは驚くほど多いと言われていますし、同席したお二人も、会社員生活が合わなすぎたから自分で仕事を作ってしまったなど、自分の才能を生かす方法を見つけられていました。


普通に暮らしていると、ADHDの人は自分の短所に目が向きがちで、「いかに今ある仕事に自分をアジャストしていくか」に意識が集中しがちです。

しかし、「いかに自分の特性にあった仕事を見つけるか、もしくは作り出すか」という真逆のアプローチの思考こそが必要なのだと感じます。それさえ見つければ、あとはお得意の「過集中」がうまくやってくれる。

この飲み会に参加されている方々は、素敵なアイデアをワクワクしながら形にされていて、

この世にはこんなに色んな仕事があった!
こんなことを仕事にしちゃっていいんだ!


と自分の視野がいかに狭くなっていたのか気がつくことも出来ました。

私はアルコールアレルギーでお酒が一滴も飲めない下戸ですが、終活というお題を通じてたくさん学びたくさん考えた、実り多すぎる飲み会でした。

自分の最期の理想のイメージは、アート仮装「keshin」をして撮影した遺影を準備し、太陽の光を浴びて緑をみながら死に、一部の骨は海に撒いて、一部は宇宙に、かな。そのあとは適当に世界をゆるゆると漂えたら、こんな幸せなことはありません。。

---

ちなみに今回お声がけくださったのは、パティシエでWeb制作会社社長の小島和美さん。まさに自分で仕事を作ることを体現された方。人生が超オリジナル!!
https://retty.news/35225/

---

【宇宙葬とは】
1人1グラム分の遺灰をカプセルにいれ、人工衛星に乗せて打ち上げる元NASAエンジニアが発案した葬儀サービス。2、3年地球を周回したあとは、大気圏に突入し流れ星に。専用アプリで人工衛星の現在地を確認でき、人工衛星の視点で地球を見ることもできる。松本零士さんも申し込み済。30万円也、意外に安い。

月面に遺灰カプセルを置いてくるパターンもあり、月を見上げるたび「あそこにおばあちゃんが眠っているんだよ」などと思い出すこともできる。

宇宙は地上350km。東京から大阪に行くより近いそうな!
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20131018/254729/
https://www.facebook.com/elysiumspace/


【海洋散骨とは】
船舶やヘリコプター、セスナなどで遺灰を沖合の海洋に散布する方法。
https://blueoceanceremony.jp/
エンディングに関する相談もできるカフェも。
https://www.facebook.com/BOceanCafe/ 


nice!(1) 
共通テーマ:アート

幼馴染のピアニストの友人、中村麗さんについて [出会い]

先週末、私のアトリエにブラジルでの小学校時代からの友人、ピアニストの中村麗さんが遊びにきてくれました。

彼女は現在ドイツ在住で、名門レーベルにも属し、現代音楽の分野で大活躍しています。アトリエの中や近所を散歩しながら、ドイツの現代音楽の現状や人生について、影響を受けた本、建築やアートについてなど取り留めのない会話をしていたら時間はあっという間でした。

昔は世界一敷地が広いと言われるブラジルの日本人学校で赤土まみれになりながら一緒に走り回っていた仲ですが、こんな風に世界を股に活躍している彼女の姿は、友人としてもとても誇らしく、そしていつも刺激とエネルギーをもらえる大切な存在です。

20171207_195714284_iOS (1).jpg
近所を散歩中に見つけた大好きな建築家さん設計の家の前で

先月、そんな彼女が一時帰国してプライベートコンサートを開催したので、キリストダンナと行って参りました。私は現代音楽に明るくないのですが、ピアノの彼女とパーカッショニストのダンナさんがビブラフォンとで演奏した、現代音楽の演奏に大変な衝撃を受けました。

凄まじいスピードで単音がパズルのように複雑に組み合わされ、一音間違えたら全てが崩れるような曲で、聴いているこちらも一瞬たりとも気を抜けず冷や冷やしっ放しで、それはもうまさに格闘技を鑑賞している気分でした。ピアノもビブラフォンも、そんな使い方があるのか、というような楽器の限界を超えてゆくような演奏方法でした。

21687526_10157127159878868_1001713500494230056_n.jpg
[コピーライト]Grzegorz Mart at Warsaw Autumn
別のコンサート時の写真ですが、ステージ上の彼女は本当に格好いい!


このコンサートでは、美しいクラシカルな音楽も演奏され、純粋な現代音楽はこの曲だけだったのですが、この曲は理解できない、違和感がある、と思う人もいました。私もこれまで聞いたことがないタイプのこの曲を聞いて、正直脳内が疑問符だらけになりましたし、よい気分でうっとりとは全くなりませんでした。

でも、こういった違和感や難解さで心にゴリゴリとヤスリをかけてくれるようなものこそが、自分の狭い価値観を壊して新しい世界へ導いてくれることが多いものです。

歯ごたえのやさしいものは、現状の自分の範囲内で消化できるのですぐに忘れてしまいますが、こういったものはその時には全く理解できなくとも、1ヶ月後、半年後、果ては十年後に、「あれはこういうことだったのか!」と腑に落ちて、そのときの喜びと興奮といったら

13226841_10155140712508868_2658704248786759082_n.jpg
[コピーライト] Gregory Bonnefond at Festival Mixtur Barcelona
こちらも別のときのものですが、ドラマチック!


彼女と知り合って、気がつけば30年近く。彼女がずっと海外に住んでいることもあって連絡をとらなかった期間も長くあり、また以前は会っても小学校時代の延長の他愛のないお馬鹿な話ばかりだったのですが、一昨年彼女が一時帰国した際に、私が岐路に悩んでいたこともあり、初めて人生についてゆっくり語り合いました。

実はそれまで彼女がこうしてピアノを極めて海外で活動していたことをきちんと知らなかったのですが、彼女の音楽にかける情熱や生き方についての考え方を聞き、私の頭の中の霧を晴らすことができました。幼少期の無邪気な時代から長い時間を経て、お互いがそれぞれの道を歩み、時々はこうして真面目に語り合う。大人になるのもいいものだなあと、とても感慨深く思います。

ところで、ステージ上では、一分の隙もない厳しく激しく美しい麗ちゃんですが、一歩ステージを降りて私の方へ向かってきてくれると小学校時代に一瞬で逆戻り。

「キームーチー!(私の昔のアダ名です)来てくれてあーりーがーとーおー!!」とだいぶユルい感じで、一緒にコンサートに行ったキリストダンナが「あれはステージにいたのと本当に同じ人!?」と激しく動揺しておりました。

こんな姿を見られるのも、本当に嬉しいものです!

20171207_211517596_iOS.jpg
コンサート後の一枚。麗、ほ、細い!

20171207_211343048_iOS.jpg
中村麗ちゃんサイトhttp://www.reinakamura.de/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

想いを伝えるための技術と極意 [出会い]

昨日は、「『伝える』マネジメント−思いを伝播するリーダーの技術と極意」という、一見、造形作家の私に関係あるの?というテーマのセミナーに参加させていだいて参りました。

IMG_2531.JPG

キリストダンナが登壇者の一人だったので気楽についていったのですが、皆さんの覚悟を決めた凄まじい生き様から出てくる言葉に含蓄がありすぎて、しかも一日中ほとんど休みなく特濃のプレゼンを浴びたので、いまだ頭と心がパンク気味です。

でも異なるバックグラウンドをお持ちの皆さんが面白いほど共通して熱く仰っていたのは、「VISIONをいかに伝えるかが大事」ということ。

プレゼンを生業にしている人間がダンナながら一向にプレゼン力が上がらない私ですが、作品をプレゼンテーションする際など、このことを念頭に置いて、想いを確実に伝えていけるように鍛えていこうと思います。でも作品づくりも、何を表現したいか、どう表現するかですので、本当に同じことなんですね。。

以下、本日私が心に刺さったみなさまのお話の一部です。(抜粋しすぎて意味不明ですが、詳しくはぜひみなさまの著書をぜひご覧くださいませ)
※素晴らしい方々の詳細情報等はこちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伝え方が8割」著者 佐々木 圭一さん
・ノーをイエスに変える、7つの切り口(相手の好きなこと、嫌いなこと回避、選択の自由、認められたい欲求、あなた限定、チームワーク化、感謝)

カルビー株式会社代表取締役会長 兼 CEO 松本 晃さん
・何を伝えたいかが一番大事。VISIONPLANLEADERSHIP
1990年に全てが変わりゲームが変わった。Change or Die! 夢なき者に成功なし!

脳科学者 茂木 健一郎さん
・人間は、居心地の悪い真実よりも居心地の良い嘘を好む。
・本質を見抜け!他人に本質を伝えられる人は、自分にも伝えられる

落語家 立川 志の春さん
・落語は「アート」と「サービス」の間
・肩書きの馬鹿馬鹿しさをテーマにした落語も一席ご披露いただきました

マイクロソフト テクノロジーセンター長 澤円(キリストダンナ)
・プレゼンは聞いてる人のハッピーな未来を作る
・ビジョンは北極星のようなもの
(実は、こんなにすごい方々と一緒に登壇させていただくなんて、どうか上手く行きますように。。という緊張のあまり、ほとんど彼のプレゼン内容が頭に入りませんでした…!)

元 株式会社ユー・エス・ジェイ CMO 森岡 毅さん
・理想の組織モデルは「人体」。シームレス、共依存。
・羊の呪い(年齢差、役割差、性差)。性差は悪意がなくとも刷り込まれてしまうから完全に撲滅!


〜こちらも合わせてぜひ…!キリストの本〜

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

  • 作者: 澤 円
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

外資系エリートのシンプルな伝え方

外資系エリートのシンプルな伝え方

  • 作者: 澤 円
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2014/12/11
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シンガポールの塾を見学し、女神にキャリアのお話しを聞き、人生初ハッカソンに参加しました [出会い]

月曜朝にシンガポールから帰国しましたが、帰国直前・直後と素敵イベントが続いたので、今回は自分の記録も兼ねてのご報告です。

帰国日前日に、シンガポールでお世話になりまくっていた村田優子さんのつてで、英語を母国語としない子供達向けの塾「RISE」を見学させていただきました。

20171125_040019574_iOS.jpg
村田さん、みなさま、本当にありがとうございました!

大型のタッチパネルを使って、楽しく体験しながら学習する、というスタイルなのですが、子供達が生き生き遊ぶように英語を学んでいるのをみて、心底羨ましいと思いました。脳みそが柔らかい年齢とはいえ、半年前には一言も話せなかった子供が、今ではシンガポール人の先生と流暢に英語でやりとりしているのですから。。

20171125_034615429_iOS.jpg20171125_035047309_iOS.jpg

教科書を先生の話に合わせて読むということが出来ず授業中寝てばかりだった私は、VRで教材を作れたら、日本の科学人口が増えて、国力もアップするはず!と大真面目に考えています…。

-----------

帰国した夜には、明治大学にて、特任教授で服飾史家の中野香織さんにお声掛けいただいたキリストダンナの講演があったのですが、急遽講義後のお茶にお邪魔させていただきました。

中野さんは、キリストダンナの出版記念パーティで遠くからお見かけした際、タダモノではない女神オーラを放たれていて勝手にファンになっていたので、今回お誘いいただき「這ってでも参ります!」と即席体育会系キャラになってしまいました。

中野さんのキャリアの築かれ方はとても軽やかで、「来た仕事は断らない」「10年続ければ専門家になっている」「周りがブランドを決める」などというお話に、「こうならなければいけない」と頭が硬くなっていた自分をいたく反省しました。

-----------

そして昨日は、人生初のハッカソンに参加してきました。エンジニアでもない私がハッカソンに参加できる日が来るなんて…感激!最近お世話になっているサイキックVRラボさんのプロデュースする、VRプラットフォーム『STYLY』を使って、「ヤバイ空間を作る」というのが今回のミッション。

20171129_113029683_iOS.jpg

私は案の定あまり役に立ちませんでしたが、チームメイトの山口社長の新しい技術とサービス導入に対する情熱的な貪欲さ、皆さんが作り上げた空間の発想の斬新さに、良い意味でショックを受けて帰りました。ともすればぬるま湯にぬくぬくしがちなので、時々こうして警策でガツンをやっていただけるのは本当に有難いことです。

24271508_10154838696492041_1619010491_o.png
社長の山口さんの執念で、ギラギラした空間が完成しました!

-----------

明日は久々に、アダルトチルドレン関連のことを書こうと思っています。


 



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
出会い ブログトップ

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー